これぞ八女の本玉露!

先日、このブログで紹介した八女の本玉露の総仕上げ「すまき掛け」を行いました。
メンバーは、私(長男)と弟(次男)、今年度から製茶工場に来てくれているジュン君、
そして、玉露づくりの経験が長いカツシおじさんの4人です。
d0014229_1472647.jpg

すまきを茶園の上に広げていきます。風が吹いていると、これが大変なのですよ~。
d0014229_1513467.jpg

やっぱり、一つ一つ結んで固定していきます。だんだんと肩が凝ってきます~(泣)
広げたすまきの上から、さらにワラを振ります。風に負けずに全体に振ります。

す、すると・・・
d0014229_158557.jpg

ほ~ら、玉露園の覆いの完成です!皆さん、拍手を送ってください~。
これから雨が降ると、振りワラをした天井部から、ポツンポツンと雫が茶葉の上に
落ちていきます。この雫が、なんともいえない風味を醸し出すといわれています。
この雫を、玉の露に見たたていることから、「玉露」と呼ぶという一説もあります。
皆さん、一度味わってみませんか?
[PR]
by kurihara-tea | 2005-05-05 01:50 | 茶畑